世界からの評価

世界62の国?地域  1,389
(2001.1.1~2020.2.1現在 マツダ調べ)

欧州の受賞
307

その他のエリア
受賞
507件

北米の受賞
359件

    

お知らせ

    

2020年7月9日

AUTOCAR AWARDS 「Design Hero 2020」受賞について

イギリスの有力な自動車専門誌「AUTOCAR」が主催する「AUTOCAR AWARDS 2020」において、マツダ株式会社前田育男常務執行役員が「Design Hero 2020」に選ばれました。「Design Hero」賞は、自動車のデザインにおいて、優れた業績を上げた個人に贈られるものです。 

マツダは、生物が見せる一瞬の動きの強さ、美しさや緊張感に注目し、見る人の魂を揺さぶる、心をときめかせる動きを“魂動(こどう)-Soul of Motion”と名付けたデザインテーマを2010年9月に発表しました。前田が率いるマツダのデザインチームは、日本の美意識を礎としたデザインテーマに基づき、クルマのフォルムから不要な要素を削ぎ落し、研ぎ澄まされた繊細な光の表現で、生命感あふれるダイナミックなデザインのクルマを創造し続けています。

 なお、同誌において、マツダロードスター(海外名:MAZDA MX-5)も「BRITAIN’S BEST AFFORDABLE DRIVER’S CAR 」を受賞しています。ロードスターによる同賞の受賞は、2016年に続いて2回目となります。

 

Design Hero 2020

 

 

 

 

 

詳細を見る
2020年4月9日

「MAZDA3」が2020年「ワールド?カー?デザイン?オブ?ザ?イヤー」を受賞

 

「MAZDA3」が2020年「ワールド?カー?デザイン?オブ?ザ?イヤー」(主催:ワールド?カー?アワーズ)を受賞しました。

                      

 ワールド?カー?アワーズ(World Car Awards、以下WCA)は、2004年に世界中の自動車ジャーナリストにより創設され、世界25ヵ国以上、86名の自動車ジャーナリストの投票により、毎年「ワールド?カー?オブ?ザ?イヤー」と、「ワールド?カー?デザイン?オブ?ザ?イヤー」をはじめとする特別賞を選出します。

 

MAZDA3

 ?MAZDA3?

 

 

「MAZDA3」は、スタイリング、品質、静粛性、ダイナミック性能、安全性などが高く評価され、2020年4月8日(現地時間)に2020年「ワールド?カー?デザイン?オブ?ザ?イヤー」に選出されました。 

 

今回、「MAZDA CX-30」が「MAZDA3」とともに、2020年「トップ?スリー?イン?ザ?ワールド」ファイナリストに選出されました。

 

 ?MAZDA CX-30?

 

 

以上

詳細を見る
2020年2月19日

「MAZDA3」が「カナディアン?カー?オブ?ザ?イヤー2020」を受賞

 

「MAZDA3」が、「カナディアン?カー?オブ?ザ?イヤー2020」(主催:カナダ自動車ジャーナリスト協会)を受賞しました。

 

 MAZDA3

 ?MAZDA3?

 

 カナダ自動車ジャーナリスト協会(The Automobile Journalists Association of Canada)は、カナダの自動車業界での有力なジャーナリスト、ライター、フォトグラファーによって構成されており、毎年「カナディアン?カー?オブ?ザ?イヤー」および「カナディアン?ユーティリティ?カー?オブ?ザ?イヤー」を選出します。

 MAZDA3は、スタイリング、品質、静粛性、ダイナミック性能、安全性などが高く評価され、2020年2月13日(現地時間)に「カナディアン?カー?オブ?ザ?イヤー2020」に選出されました。

 

以上

詳細を見る

    

    

TOPICS -トピックス-

    

WINNER 2016 WORLD CAR AWARDS WARLD CAR OF THE YEARE

日本カー?オブ?ザ?イヤー
マツダ車 受賞の歴史

1980年から始まった日本カー?オブ?ザ?イヤー。その記念すべき第1回の最優秀車に選ばれたのは、ファミリア 3ドアハッチバックでした。同賞に関する情報をご紹介します。

詳細を見る

WCOTY

ワールド?カー?オブ?ザ?イヤー
マツダ車 受賞の歴史

2004年の開催から17回目を迎えたワールド?カー?オブ?ザ?イヤー。おかげさまで、2020年にはMAZDA3が「ワールド?カー?デザイン?オブ?ザ?イヤー」を、2016年にはマツダ ロードスター(MX-5)がマツダ車として2回目の「ワールド?カー?オブ?ザ?イヤー」受賞の栄誉にあずかり、デザイン部門賞も受賞いたしました。同賞に関する情報をご紹介します。

詳細を見る